ゼオスキン:ファーミングセラムのすべて

ゼオスキン:ファーミングセラムのすべて

2020年5月に新発売された反応性が少なめで安心のZO SKIN美容液です。失われたコラーゲンとエラスチンを再生し、しわ・たるみの改善効果が得られます。カプセル化したパルミチン酸レチノールとビタミンE含有のジェル状なので、A反応(ダウンタイム)はほとんど無く、肌質改善が可能です。

配合成分と成分効果の詳細

パルミチン酸レチノール
レチノールにパルミチン酸を結合させ、レチノールの成分が壊れにくく「安定化」させ肌への浸透力を高めたものが、パルミチン酸レチノールです。人の体内ではレチノールはパルミチン酸レチノールの形態で貯蔵されており、
パルミチン酸レチノール → レチノール → レチナール → レチノイン酸(トレチノイン)
という変換を経て、生理活性を発揮します。基本的に皮膚内でレチノールに変換されて作用するので、レチノールの作用である表皮ヒアルロン酸の合成促進による抗シワ作用が得られます。

DNA-Na(Sodium DNA)
健康な線維芽細胞の活動をサポートして、失われたコラーゲンと エラスチンを再生します。

カプロオイルテトラペプチド−3,メリロートエキス
ZCORE™(カプロオイルテトラペプチド-3 +メリロタスオフィシナリス(スイートイエロークローバー)エキス):ZCORE™
DEJの整合性のためにアンカリングフィブリルの強化をサポート
基底膜を構成するコラーゲン-7、ラミニン-5、フィブロネクチンの合成を促進し、真皮と表皮間の構造的歪みを防ぎたるみを軽減、真皮から表皮への栄養の流れを促進し、健康な皮膚の再生サイクルをもたらします。

酢酸トコフェロール末梢血管拡張作用で血行を促進し、肌荒れ、ニキビ、シミ、ソバカスなどを防止します。抗酸化作用、ホルモンバランス是正作用もあり、ダメージを受けた皮膚の修復をサポートします。

エーデルワイス成長点細胞培養物:エーデルワイスは標高の高い高原、過酷な気象条件で咲く花で、抗老化に適した、幹細胞を活性化して表皮を若々しく維持する作用があります。

ニガハッカ成長点細胞培養物:肌をすっきりと引き締め、なめらかなハリのある若々しい肌印象へ導きます。

プロパンジオール:角層水分量増加による保湿作用。グリセリンを併用することでグリセリン以上の保湿持続性が認められている。

カプロオイルテトラペプチド−3:別名クロノライン
基底膜構造タンパクである、コラーゲン-7、ラミニン-5、ファイブロネクチンの合成を促進することで、基底膜の構造や形態を若返らせ、深くなってしまったシワを回復に導きます。。

DPG:皮表の柔軟化および水分量増加による保湿作用。TEWL(Trans Epidermal Water Loss:皮膚水分蒸散量(経表皮水分喪失量))抑制によるバリア改善作用。

カプリリルグリコール:抗菌・防腐による製品安定化剤

グリセリン:乾燥などのダメージから肌の保護。潤いを補充し、バリア機能をサポート。

エチルヘキシルグリセリン: 抗菌作用や消臭作用のある保湿成分なので、パラベンフリー処方のできる保湿剤として、防腐剤を軽減する目的でも化粧品に使用されている。

フェノキシエタノール:化粧品の防腐、殺菌剤として配合。一般的に防腐剤として使用されてきたパラペンに比べ低刺激と言われており現在はパラペンのかわりに使用されている。成分として、広い範囲の抗菌活性を有し、とくにグラム陰性菌である緑膿菌(Pseudomonas aeruginosa)に対して最も高い活性を有する。

その他配合成分:、レシチン、デキストラン、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、カルボマー、AMP、セルロース、ポリソルベート20、乳糖、ヘキシレングリコール、EDTA−2Na、クエン酸、香料、グンジョウ、紫401

内容量・価格・使用方法

内容量:47㎖

価格 28,000 円 (税込 30,800円) 

1日2回、朝・晩の使用。
1~2プッシュ手に取り、顔全体と首に均一に塗布。フェイスラインも忘れずに塗布してください。

効能

<パンフレットより>美容皮膚科学発想の美容ジェル。
法令線や頬の高さ、フェイスラインなど、悩みを感じやすい部分に着目しました。肌をスッキリと引き締め、なめらかなハリのある若々しい肌印象へ導きます。

パルミチン酸レチノールのビタミンA作用(ターンオーバー改善)に加えて、DNA-Na(sodium DNA)による弾力改善、コラーゲン・エラスチン再生効果。

ZCORE™による真皮・表皮間の構造的歪みや栄養改善による肌サイクル修正により、口元やフェイスラインのたるみ、シワの改善が得られます。

保湿成分もしっかり含まれており、潤いを補充し、バリア機能をサポートします。

感想

2020年5月に発売されたファーミングセラム、その価格の高さから当院ではしばらく導入を見送っておりました。1本28,000円の単価は高くて、当院ではニーズが少ないと感じたからです。

サンプルを使わせていただき、いくつかわかったことがあります。当院でのファーミングセラムをおすすめしたい方は以下に該当する方々です。あくまで当院(私の考え)での意見ですので、参考までに読んでください。

①シワ・たるみに効果的なので、40歳台以降の方におすすめです。40歳過ぎた頃からコラーゲン・ヒアルロン酸は減少が早くなります。しわ・たるみの悩みが深くなっていくのもその時期です。逆に20歳台、30歳台の方々は、まだ肌のたるみは実感しない頃なので、ファーミングセラムの良さはわからないと思います。28000円の価値を感じることができない可能性があるため、40歳台以上の方におすすめします。

②ゼオスキンには珍しく、「化粧品臭」のしない美容液です。少し「洗濯のり」のような匂いはしますが、香水臭のような特殊な香りはありません。ゼオスキンの美容液を処方すると、よく「匂い」についてマイナス評価を言われることがありますが、ファーミングセラムではそういった患者さんも大丈夫と思います。

③当院特有ですが、70歳以上の患者様も多く美容の相談に来院されます。70代くらいであれば皆さんゼオスキンを使いこなせているのが現状です。80歳代、90歳代の方も相談されたときに一つの選択肢として、「バランサートナー+ファーミングセラム」だけという選択肢も良いかなとと思いました。高齢な方はシンプルなものを望まれます。反応性が優しく、シワ・たるみに効くものとして、高齢者美容の選択肢に組み込んでいくつもりで採用しました。

あくまで当院での感想・評価・利用方法です。若い方に使ってもらうのも悪くはありませんが、40代以上から高齢者層こそファーミングセラムは効果的ではないかと考えています。

最新情報をチェックしよう!

美容・ゼオスキンの最新記事8件