パウダーサンスクリーンの使い方:ZO SKIN HEALTH

パウダーサンスクリーン(ZO SKIN HEALTH)が発売されました。

価格 6,200円 (消費税込:6,820円)

外出中の紫外線対策に最適な、携帯用日焼け止めパウダーサンスクリーンSPF30
余分な皮脂を抑え、メイクアップ効果によりテカリのない明るい輝きのある肌へ整えます

今回は新発売された「パウダーサンスクリーン」を、開封からセッティング、そして実際自分のシミ肌に使ってみた「メイクアップ効果」の確認も含めて、レビューしていきたいと思います。

開封からセッティングまで

パッケージはこんな感じです。いつも通りZO SKIN HEALTHのきれいなダークブルーのパッケージです。非常に高級感があって、個人的に好きです。

開封すると、シルバーの本体が入っています。サンスクリーンプラスプライマーとそっくりですね。間違えないようにしないと。

そして、パウダーが入った小瓶が別で同封されています。白いキャップを外して、本体の下部にセットします。差し込んでねじ込めばセッティング完了です。

このような説明書きが1枚同封されています。海外仕様なのでイラストのみです。伝わるでしょうか。

パウダーの小瓶の白いキャップを外して、銀色の本体の下部にセットして、ねじ込むように固定。上部のキャップを外して下部のつまみを回すと「ふさふさのハケ」が出てきます。さらに回すと粉の出る量を調整できるようになります。

パウダー入りの小瓶のキャップを開けてみました。

中には肌色の粉が入っています。これがハケの中央から出てきます。

本体下部から小瓶を挿入している状態です。

ネジこむようにして本体にパウダー小瓶を固定します。こぼさないように注意しましょう。もったいないですから。

そして上部のキャップを外したところです。ハケが収納されています。

本体下部を矢印の方向にねじると、ハケが「にょ~ん」と出てきます。

使い方

本体下部に「⇢」のマークがあります。この方向に回すとハケが出てきます。

本体側に「↓」のマークがついていますね。これを「min・・・MAX」のボリュームマークに合わせて、粉の出る量を調整します。

「↓」が「MIN:最小」レベルの状態。

「↓」が「MIN」と「MAX」の中間レベルの状態。

「↓」が「MAX:最大」レベルの状態。これ以上は回りません。

しばらくトントンしていると中央から粉が出てきました。これで使用準備完了です。

それでは実際使ってみましょう。

ファンデーション効果

使用前の状態です。そばかすシミ+毛穴の開きがあり、見苦しい状態ですがお許しください。パウダーサンスクリーンのテストには絶好の肌質だと思います。

この状態に、パウダーサンスクリーンをパタパタと使用してみました。結果はこの通り。

?どこが変わった・・・・?

よく見ると細かいそばかすシミはカバーされて、毛穴もパウダーの効果であまり目立たない気がします。ファンデーションによるメイクアップ効果はかなり微弱な印象ですが、そもそもメイン効果は「日焼け止め」なので、このくらいが良いのかもしれません。色が濃くて使いづらいということはなさそうです。

セラピューティック後でベストコンディションになった女性肌であれば、本当にこれだけでもナチュラルメイクになるかもしれませんね。

参考になっていれば幸いです。ご興味ある方は是非試してみてください!

美容・ゼオスキンの最新記事8件