術後の傷を少しでも綺麗に落ち着かせる方法

術後の傷跡を少しでも綺麗に落ち着かせるには、後療法が大切です。手術時に切開の角度やデザイン、埋没縫合など、色々と工夫をするとより綺麗に安定化できますが、今回は「救急で縫合された傷」や「すでに手術が終わったあとの傷」に対して、今から出来ることを説明します。

テーピングによる固定を1ヶ月

術後の傷に対して、テーピングで固定する「テーピング療法」は形成外科術後では一般的に行われています。テープの種類は色々ありますが、「3M ネクスケア マイクロポアテープ(茶色)が推奨です。

テープを傷の上に直接貼ります。傷に対して横切るように固定するのが理想ですが、小さい傷であれば上から貼るだけで効果がでます。

テープは紙で出来ており、伸び縮みしないので、傷を直接テーピングで固定することで、皮膚にかかるテンションが分散されます。傷に対する「添え木」のような役割で、傷を安静に保つことができます。

一度貼付したら、2−3日はそのまま貼りっぱなしでOKです。入浴時も貼ったまま入れます。水に濡れても、しばらくすれば紙で出来ているので乾いて乾燥します。3日目くらいの交換時には、糊が皮膚に残ることがあるので、丁寧に除去して、乾かしてから再び貼付します。

1ヶ月ほどは2−3日ごとのテーピングを繰り返します。傷は術後1ヶ月ほどの間は表面は治癒していても、深部の反応は収まっていません。深部でより強く硬くなろうと組織修復が進んでいます。その時期に「外的な力:ひっぱられる力」がかかると、それに抗うように強く硬くなろうとして膨らみます。ミミズ腫れのような傷はこのようにして形成されます。

なるべく傷を綺麗にするには、術後3ヶ月ほどはテーピングしてもかまいません。手間はかかりますが、最初の2−3ヶ月は反応して硬くなる時期なので、テーピング固定が効果します。

ピタシートでしっかり固定を3ヶ月

顔の傷や、とくに綺麗にしたい部位の傷には、テープ固定よりもより強固な固定を推奨しています。ピタシート(ALCARE)という傷を固定する専用の固定素材があります。「ハイドロコロイド」という肌に優しい素材で、固定力のある適度な硬さで透明粘着型シート状になっています。

ピタシートもマイクロポアと同じく、傷に直接貼付して2−3日毎に貼り替えます。貼ったまま入浴しても構いません。

傷が肥厚してきたらフィックストン圧迫

もしテーピングをしていても傷自体が肥厚してきたら、フィックストンというスポンジ型固定材料で創部を直接圧迫します。使い方は、傷の上に細く切ったフィックストンを貼付して、上から3Mマイクロポアテープなどでフィックストンがペタンコになるくらいテープで圧迫固定します。フィックストンのスポンジのバネ力がテープで押し付けられることで、肥厚してきた傷に圧迫力がかかり、平坦化してきます。マイクロポアやピタシートより少し手間がかかりますが、圧迫力をかけるにはテープ製品だけでは難しいので、膨らみ始めた傷には使用する価値があると思います。

膨らんでミミズ腫れになってしまった傷には圧迫療法が効果します。お腹の手術の縦に長い傷など、下着で圧迫されているところだけ綺麗に治っていたりするのはそのためです。

膨らんでしまった傷にはドレニゾン・エクラープラスター

すでに膨らんでミミズ腫れ状態になってしまった創部に対しては、ステロイド含有テープ剤で隆起や反応を抑えることが効果的です。傷の大きさに合わせてハサミで切って、直接傷に貼付します。24時間ごとの交換が必要なので、入浴後などに習慣づけるといいと思います。ミミズ腫れ状態の傷は痛みや痒み、赤みなどが強いことがありますが、ステロイドテープ剤をしっかり1ヶ月ほど継続すると、痒みや痛みは軽減してくることが多いです。

見た目も半年ほど継続すると平坦になり、赤みも抑えられて目立ちにくくなってきます。一度膨らんでしまった創部は、膨らみが改善しても幅広の瘢痕状態が細くなることはなく、最終的的に見た目を線一本の傷に綺麗にするには再手術で瘢痕除去するしかありません。

次に同じことを起こさないように、術後のテーピング療法からしっかり後療法を行うのを推奨します。

最新情報をチェックしよう!

形成外科の最新記事8件