ゼオスキン関連 Twitter Q&A (part4)

ゼオスキン関連 Twitter Q&A (part4)

Twitterの質問箱にきた「ゼオスキン関連」の質問と回答、第4弾です。

part 1とpart 2、part3は最後にリンク貼っておきますので、ご興味ある方は御覧ください。

質問1

セラピューティック終了後、メンテナンスに入ります。ミラミン、トレチノインはいきなりやめていいのでしょうか?

〈回答〉
セラピューティックの最後のほうになると、ミラミンが先になくなり、ミラミックスが余ってきます。そうなるとメンテナンスへの移行タイミングです。

うちの病院ではミラミンをミラミックスで置き換えたセラピューティックと、メンテナンス徐々に入れ替え(週3セラピューティック、残りをメンテナンス)みたいにして、セラピューティックを最後まで使い切ってからメンテナンスに移行するようなやり方にしています。

いきなり止めるから「悪い」ことはありませんが、最後残らないように使い切りたいですよね。トレチノインは残ってしまったら「ニキビ薬」「吹き出物の局所使い」のように部分使用に冷蔵庫で置いておくのもありです。

質問2

間もなくセラピューティックの移行期に入るのですが、シーセラムやブライタライブ等の美白剤は必須ですか?

〈回答〉
セラピューティック移行期ということはメンテナンスで美白系美容液が必要かという質問ですね。

維持期にも美白系はいると考えます
ビタミンA系のターンオーバー促進は色素排出を促します。しかし、もともとのメラノサイトからのメラニン産生を抑制するのが美白系美容液の役割です。

ビタミンAと美白系を併用してこそ、セラピューティックで改善した肌質を維持できると考えます。

質問3

万が一セラピューティック中に日焼けしてしまったらどうすればいいですか?

〈回答〉
セラピューティック中に日焼けは厳禁です。

万が一強い日焼けをしてしまったら、もし肌質に異変が出るレベルの日焼けであれば、ミラミックス、トレチノインを中止して、その変化が落ち着くまでその他の製品だけで様子みます。

日焼けしたと感じても、肌質に特段影響を感じない程度であれば、慎重にいつも通りのケアを続けていいと思います。もし赤み、皮むけが出たら、夜間の【ミラミックス・トレチノイン】は休薬です。 ただ、『反応でたら休薬』これは日焼けしようが、しまいが、あまり関係ありませんね。 個人的には、無理せず安全第一がいいと思います。

質問4

ARナイトリペアのようにアクティブレチノールが入ってるものを使えば、デイリーPDなどは使わなくてもいいということではないのでしょうか?予算的に厳しい場合はトナーとARナイトリペアだけでも効果あるのでしょうか?よろしくお願いします!

〈回答〉
高濃度レチノール系の4種、 ・スキンブライセラム0.25 ・スキンブライセラム0.5 ・Wテクスチャーリペア ・ARナイトリペア は反応性が強く、最初から連日使用には向きません。週1-2回夜のみから開始します。慣れたら頻度あげていいですが、A反応がしっかり出る肌質の方はなかなか単発でしかつかえません。

予算的にバランサートナーと高濃度レチノール系の2種で行く場合は、それもわかった上でゆっくり慣れていくことになります。

デイリーPDは毎日使える仕様のレチノールです。濃度は公表されていませんが、あくまでメーカー側は【レチノール美容液】と位置付けています。おそらく毎日使っても反応性が極力出過ぎないレベルに抑えられています。
朝夕に安心して使え、高濃度レチノールを使う合間に肌のコンディションを整えます。 高濃度Aによる嫌な反応はマイルドAで少し中和されるような印象で落ち着くことが良く見られます。

例えばセラピューティックでガンガンにめくれ、赤みがきつい人に、マイルドビタミンAのイオン導入とか、かなり相性がいい印象です。

トナー、デイリーPD(もしくはRCクリーム)を毎日+高濃度レチノールの3品使用の方が推奨です。

これまでのTwitter Q&Aへのリンク

Image by MetsikGarden from Pixabay 

美容・ゼオスキンの最新記事8件