ハイエース:擦り傷補修編

納車3ヶ月目にして、ハイエース左後方を擦ってしまいました。

完全に気が緩んでいました。いつもなら普通に通るカーブで、特に対向車もなく何気にハンドルを切ったら、「ズズズズズ・・・」という音が車体に響きました。まさかと思いましたが、内輪差の生で左後ろが側壁に当たって擦れてしまいました。

しばらく放心状態でしたが、徐々に現実を受けとめ、ハイエースのアウトドア感が出ていいかなとも前向きに捉えるようになりました。

ただ、錆びたりするのも嫌なのでやっぱり補修をしようと思い立ち、いろいろ調べてみました。ちょうど最近ハイエースYoutuberの方々が、セルフペインティングしている動画をよくみていたので、修理に出すより自分でペイント補修することにしました。車のメンテナンスなら「ソフト99」です。アマゾンで早速補修に必要な「ソフト99物品」を集め、天候がよい日で仕事のない日を狙い、ついに実行に移しました。

自分で補修!

自分で補修ができるようになれば、今後も多少の傷では動揺しなくなります。当然運転には気をつけ、傷がつかないように注意しますが、細かい石跳ねの傷や木の枝で擦ったりした傷なら自分で修理できたほうが、ハイエースにはお似合いです。何万円もかけて修理に出すよりも、細かいメンテナンスも楽しもうと思い、自分補修に突入しました。

実際の補修動画をご覧ください。

補修後の状態

コンパウンドだけでここまで綺麗になるとは思いませんでした。幸い傷が浅かったみたいですね。ボディコーティングしていたのも一因だったようです。今回はカラースプレーは開封すらせず、今後に温存しておきました。

今後はこすらないように注意します。。

最新情報をチェックしよう!

趣味・日常の最新記事8件