ゼオスキン関連 Twitter Q&A(part 13)

Twitterの質問箱にきた「ゼオスキン関連」の質問と回答、第13弾です。

先生、敏感肌で出来るだけシンプルにケアしたいのですが、バランサートナーとデイリーPDでも皮膚が薄くなり乾燥します。
でもデイリーPDのおかげか、ハリ感が出てきたのでレチノールは使いたいのですが洗顔後スキンブライセラム0.25をつけてワセリンのみのケアはどうでしょうか。
それともワセリンの後スキンプライセラムでしょうか。

「敏感肌でシンプルにケアしたい、でも乾燥が気になる」

こういった方には

・バランサートナー(化粧水)

・RCクリーム(非常に優しいレチノール配合美容クリーム・保湿作用あり)

の2点でいかがでしょうか。

毎日低濃度のレチノールを取り入れるのがおすすめです。

<質問者様の提案のケアに合わせて考えてみます。>

ワセリン+スキンブライセラム0.25(週1〜2回)でケアしていくなら

・朝はワセリンとスキンブライセラム0.25混合で顔全体に(毎日)

・夜は週1−2回はスキンブライセラムのみ、残りはワセリンのみ

という管理でどうでしょう?

いつも参考にさせていただいております!
現在ゼオスキンのメンテナンス中なのですが、洗顔の匂いや洗い上がりがあまり好きになれず、洗顔だけはゼオスキン以外を使うこともあります。
他の洗顔を使った場合のデメリットやゼオスキンの効果低減への影響等について、何か先生のお考えがあれば、教えていただけませんでしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。

洗顔は皮膚表面の汚れ成分の除去が目的です。

ゼオスキンの3種の洗顔は洗浄能力に加えて、保湿力重視のハイドレーティングクレンザー、泡立ち・さっぱり感重視のジェントルクレンザー、スクラブ入りでニキビ肌、オイリー肌向けのエクスフォリエーティングクレンザーの3種があります。 好みや肌質に合わせてセレクトするのが良いと思います。

洗顔についてはゼオスキン本質としての効果にそれほど影響はしないので、うちでは他メーカーのものを使いたい方はお好きなようにしてもらっています。コストを下げたい方には、セルニュープラスのピーリングソープとかコスパも効果もよいので、よく勧めています。 特に大きなデメリットは無いと思います。そういうとゼオの洗顔が良くないみたいに聞こえますが、ゼオスキンの洗顔シリーズは量も多く、洗顔力もしっかりしているので、とくにコダワリがないならゼオスキンの洗顔3種のどれかを使ってもらいたいです。愛用者も多いです。 個人的にはゼオスキンシリーズだけで揃えて、ズラッと並べたときの見た目の統一感も好みです。なんとなく気持ちスッキリします。(これは効能とか関係ないですが。)

ゼオスキンで洗顔・スクラブ・トナー・日焼け止め・デイリーPD・Wテクスチャー週2を使用して半年になります。

これからゼオスキン続けるのにコストを抑えたいのですが、週2トナー・Wテクスチャー 週5トナー・ブライタライブ
のみの使用に切り替えようと思うのですがデイリーPDを併用しないと効果は薄いでしょうか?
朝は洗濯・皮剥けてたらスクラブ・トナー・サンスクリーン直接塗っています。

効果に支障がある使い方でしたらアドバイスおね

確かに週2の高濃度レチノール+それ以外のブライタライブ美白という考え方はありかと思います。悪くないです。

ただ、比較する対象をどこにするかですね。 それまでの使い方(洗顔・トナー・デイリーPD・Wテクスチャー)からは毎日のレチノールが減るため、ビタミンAの効能は確実に下がります。 それを「支障がでた」と感じるのなら、通常の使用法のほうがよいでしょう。

デイリーPDって高いですよね。でも毎日使えるレチノールってやっぱり「強い」です。絶妙なんです。値上げで2万くらいしますが、3ヶ月は持ちますよね。もし抜いて劣化が始まったら、もとに戻すのに2万以上かかると思います。

ゼオスキン・メンテナンスの基本コースで満足できているなら、正直あまり変化つけないほうが安定するように思います。 どうしてもコストのことでデイリーPDを抜かざるを得ないなら、一つの提案としてですが、CELLNEW+のモイスチャークリーム(4000円)をプラスしてみるのもオススメです。同じとは言いませんが、連日使用可能なレチノール美容液という意味ではコスパ最強です。

Photo by Tingey Injury Law Firm on Unsplash

美容・ゼオスキンの最新記事8件