【ゼオスキン】メンテナンスの乾燥対策

メンテナンスの乾燥対策

メンテナンス使用時には、肌のターンオーバーが促進された結果、すこし乾燥ぎみに感じられる方が多いように思います。

効果は減らさずに乾燥対策したい。そういう方におすすめなのが、 デイリーPDとRCクリームの併用です。

メンテナンス中、朝はデイリーPD、夜間はRCクリームにすると、肌に足りない保湿が補われます。

それでも足りない方はセルニュープラスのモイスチャーローション&ミルクを夜間浸透させるとGOOD!2つでも8000円とコスパの良い製品になっています。

朝はデイリーPD

デイリーPDにはレチノールと抗酸化成分が配合されており、紫外線や酸化ダメージから肌を守り、肌をやさしくケアして、キメの整った美しくて健やかなハリのある肌を形成します。朝はデイリーPDを使用して肌のターンオーバーを促進しましょう。

<リポソーム化したレチノールが効く>
デイリーPDに含まれるレチノールはリポソーム化(水分と油分になじむ膜で包まれること)されており、水に溶けにくい活性成分が親水性となるため、より肌へ浸透しやすくなり、長時間にわたって肌に効果をもたらします。

<カプセル化したビタミンEの抗酸化>
カプセル化した抗酸化力が高い「ビタミンE」が酸化反応にアプローチします。

<DNAの修復力>
ロキシソームやウルトラソームなどのDNAレベルでの修復を行う高い技術が取り入れられています。

夜はRCクリーム

通常はメンテナンス・プログラムでは夜もデイリーPDを使いますが、乾燥が気になる方は夜は「RCクリーム」にしてみるのが良いでしょう。

基本的な効能として「レチノール」「パルミチン酸レチノール」が肌のターンオーバーを促し、改善効果をもたらすのはいうまでもありません。RCクリームの特徴としては、それに加えてヒト型セラミド、スクワラン、シアバターの保湿に特化したバリア機能向上成分を含んでいることが挙げられます。ミクロコッカス溶解液(ウルトラソーム)も配合されており、紫外線による細胞のDNA損傷を回復させる効能もあります。

週2回の高濃度レチノールの日にはセルニュープラスのモイスチャーローション&ミルク

RCクリームによる乾燥対策以外では、セルニュープラスのモイスチャーローション&ミルクの併用が好評です。ビタミンAがよく反応しているときには、朝いくら美容液を浸透させて保湿を高めても、昼過ぎぐらいにはカサカサ、皮剥けが出てきてしまいます。日中の臨時ケアには「CELLNEW+(常磐薬品)のモイスチャーミルクB12」をお勧めしています。

https://cellnewplus.jp/ce/products/plus-milk.aspx

とにかく保湿力が優れた乳液なので、高濃度レチノールの反応による乾燥もしっとり治ります。モイスチャーローションと合わせても8000円(税別)とお手頃で、ゼオスキンとの相性も良いです。

メンテナンス・プログラムでは週2回−3回の高濃度レチノールを夜に使用するメニューになっています。高濃度レチノールを使うときに「CELLNEW+モイスチャーローション&ミルク」を併用してもらうのは保湿力を高める良い方法だと思います。

バランサートナーと高濃度レチノールの併用のほうがビタミンAの浸透力はよいかもしれませんが、乾燥を我慢しながらメンテナンス・プログラムを実践するのは本末転倒です。気づけば年中ダウンタイムとの戦いになってはいませんか?セラピューティックは「修行」の要素がありますが、メンテナンスは言わば「ご褒美タイム」です。メンテナンスを使いながら赤み・皮むけ・乾燥と戦うのはナンセンスだと考えます。

Image by Christian Supik (Fotografie) + Manuela Pleier (Design) from Pixabay 

美容・ゼオスキンの最新記事8件